2005年11月30日

伝統趣味

 月は秋、花は桜、と限定された強さが今もあり、と磐井さん。
 短歌でさえ縁を切った、和歌の本意、とも。
posted by 木村哲也 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

外部要素

 「写実」など、いくつもある、と磐井さん。
 写実は、子規が絵画から導入したというが、近代文学全般に必須、と。
posted by 木村哲也 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

俳句の独自性

 和歌に対比し、連歌に対比しではあるが、俳句は独自性を追求している、と磐井さん。
 虚子の優れた洞察力、と。
 
posted by 木村哲也 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

見えない詩学

 虚子さえ気づいていない、俳句らしさを生まれさせる技法がある、と磐井さん。
 俳句は虚子で完結せず、まだ余地がある、とも。
posted by 木村哲也 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

切字

 代表的切字「や」「かな」の特殊な効果、と磐井さん。
 俳句に切れが必要なのではなく、切字があると俳句に見える、とも。
posted by 木村哲也 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

概念化語

 俳句では、後藤夜半の句が規定した「瀧」、と磐井さん。
 川柳では、「信濃者(男)」は大食い、「相模者(女)」は淫乱、とも。初めて知った。
posted by 木村哲也 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

アイロニカル言語

 季題に多く、と磐井さん。「麦秋」「蓑虫鳴く」など。
 で、「コレラ」はともかく「バナナ」も詩の趣が少ない、とは意外。
posted by 木村哲也 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

短縮語

 「飛機」など、近代俳言と。
 ただし、飛行機としてなら、中国語そのままだが。
posted by 木村哲也 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

小さい逸脱

 一つには、十七を守り、句跨り。
 他方、字余り、字足らずは、自由律とは別、とも磐井さん。
posted by 木村哲也 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

「花鳥」ではなく

 「諷詠」こそが眼目、と虚子。
 諷詠とは十七字の操作に他ならない、と磐井さん。
posted by 木村哲也 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

自動筆記的手法

 あらゆる可能性の追求ということで、虚子は十題十句の運座などを好んだ、と磐井さん。
 価値や内容を捨象しての機械的な作業は有効、とも。
posted by 木村哲也 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

絶対律化した定型

 唯一の絶対条件は「十七字であること」である、と磐井さん。
 虚子本人は「鉄則」、とも。
posted by 木村哲也 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

理論と実作

 虚子の理論の理解が間違っているから、実作と一致しない、と磐井さん。
 虚子自身に難ありとするのは間違い、と。
posted by 木村哲也 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

簡単なる虚子論

 過剰な思い入れが、これまでの虚子論にはあった、と磐井さん。
 解釈の必要な俳句は混ぜず、虚子の文章に絞った、とも。
posted by 木村哲也 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

明瞭な命題が不透明

 言い違いなど、人間らしさという葛藤を経てこそ、力あり、と磐井さん。
 それをまとめて答えたいのが、定型詩学、とも。
posted by 木村哲也 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

虚子は言えなかったが

 下の世代の波郷は、「俳句は文学ではない」と言えた、と。
 虚子の場合、「西洋あたりで言う」というニュアンスがこもった、と磐井さん。
posted by 木村哲也 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

横光利一の誤解

 波郷の「俳句非文学=生活」の「生活」を、「詩型のもたらす何か」と利一は理解したが、波郷はそこに触発されて、立場をはっきりさせる。
posted by 木村哲也 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

新興俳句

 波郷は「いたづらに文学臭いに走つて、俳句固有の目的と方法から逸脱してゐる」と言っている、と磐井さん。
 人間探求より韻文精神を、波郷は主張、と。
posted by 木村哲也 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

人間探求派

 波郷は、人間探求派座談会と同じころに、「俳句は文学でない」と言っていた、と磐井さん。
 韻文精神の徹底、俳句散文化拒否の、独自の姿勢を早くも、と。
posted by 木村哲也 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

石田波郷の非文学論

 「俳句は文学ではないのだ。俳句はなまの生活である」
 「俳句を作るということはとりも直さず、生きるといふことゝ同じなのである」
 とは言っていながら、波郷は人間探求派ではない、と磐井さん。
posted by 木村哲也 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。