2006年03月31日

川柳系

 薩摩狂句は、他の方言系雑俳以上に方言を使用しているが、また笠附系でなく、前句付系で川柳に近い、と磐井さん。
 形式が俳句や川柳と同じため、方言でアイデンティティーを、とも。
 方言によるハンデは、漢字表記でカバー、と。
 鹿児島方言についての解説も、本文では収録されている。
posted by 木村哲也 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。